レーシックを受けることのメリットは?

レーシックは、自然な視界の見え方を取り戻したいと思う人におすすめの術式です。
視力0.1程度の軽度近視であれば、実に99.5%もの人が1.0以上の視力になるというデータもあるほどです。
1.0まで視力があがれば、裸眼でクリアな視界を手に入れることができますね。
最近では、近視だけでなく乱視の方でも施術を受けられます。
レーシックで視力を矯正すれば、その後はコンタクトやメガネが不要の生活をずっと続けることができ、煩わしさから解放されるのが最大の魅力です。

コンタクトレンズの面倒な手間が省ける

朝、コンタクトレンズを装着する前に、周りがよく見えずどこかにぶつかってしまった…なんていう経験は、視力が悪い人の多くが経験していることでしょう。
また、コンタクトレンズは使っている時は便利ですが、無くなった時のことを考えたり、保管やお手入れなどを考えたりすると面倒に思えたりしますね。
レーシックで視力矯正をすれば裸眼で生活することができ、コンタクトがないと困る毎日とサヨナラできます。
お風呂に入った後にメガネは嫌だけど、コンタクトをするのも面倒だし、使い捨てはもったいない…という悩みも解決できます。

コストの面から見るレーシックのメリット

コンタクトレンズやケア製品、メガネなど、視力が悪い人は何かと日常生活に支障をきたさないためのお金がかかります。
視力0.1くらいの軽度近視であれば、99%を超える高確率で裸眼での生活が可能になるという統計結果があります。
レーシックの費用を見ると高く感じられますが、ずっとコンタクトやメガネなどを買い続けた場合のトータル費用と比べれば、決して高くはありません
また、費用には長年のアフターケアや検診費用も含まれるので、安心な生活を送ることもできます。

レーシックを受けておくと災害時にも安心!?

メガネやコンタクトレンズがなければ人の顔さえ判別できない状態で、もしも災害に見舞われたら…とても危険なことは言うまでもありません。
また、コンタクトレンズの保存液が簡単に手に入らなくなったり、落として破損したりしたら、非常時には代替品を探すのも困難になります。
さらに帰宅困難になってしまった場合も、コンタクトレンズの扱いは本当に困ります
そんな万一のことを考えると、レーシックを受けておくことは、とても有益なことといえます。

コンタクトの弊害の面から見るレーシックのメリット

コンタクトレンズはとても便利ですが、使い続けていると酸素不足で角膜内の細胞が減ってしまい、最悪の場合は角膜移植が必要になるなどという思わぬトラブルに見舞われることがあります。
また、眼の中に異物が入ったりすることで、アレルギーや感染症の原因になることも考えられます。
視力0.1ほどの軽度近視なら99.5%もの確率で1.0以上にまで回復するとされるレーシックで裸眼で過ごせるようになれば、そうしたリスクから解放されます。
レーシック後は、数%の方にコンタクトレンズの使用期間が長いほどドライアイを感じるなどの症状が見られます。

このページの先頭へ